バイナリーオプションの税金は払わないといけないのか

バイナリーオプションの税金は払わないといけないのでしょうか。

バイナリーオプションの税金は、利益額の20%を納める必要がありますが、20%って結構大きいような気がします。

バイナリーオプションの税金は払わないといけないのか

50万円稼いでもそのうちの10万円を納税しなくてはいけませんからね。まぁその分稼げば問題ないわけですが、必死に分析して予想してやっと手にした利益を納税しないといけないのはちょっとやるせない思いがします。

バイナリーオプションに慣れた方なら、納税分を考えて稼いではいるとは思いますが、バイナリーオプション初心者にはちょっと酷かもしれません。

バイナリーオプションの海外業者を利用すれば納税しなくて済む?

バイナリーオプションは海外業者がほとんどですので、日本の税務署が海外業者を調査できるものなのでしょうか。答えは恐らく「ノー」でしょう。

バイナリーオプションの海外業者を利用すれば納税しなくて済む?

日本の口座にバイナリーオプションで稼いだお金を出金してしまうと税務署が調査しやすくなるとは思いますが、オンライン決済のできるNetellerに送金させれば、かいくぐれるかもしれませんね。

まぁバレた場合は税務署から警告されますが、Netellerに送金したあとに、何か商品を買ってしまえばもしかすると納税しなくて済かもしれません。

それか、パソコンなどを買って経費で落としてしまうかです。バイナリーオプションで5万円の利益を上げて、5万円のパソコンを買えば納税しなくて済みますしね。

まずは海外バイナリーオプション業者を選ぼう

何にせよ、税金をかいくぐるには、海外業者を利用したほうが良いかもしれませんね。バイナリーオプションの海外業者の比較ができるサイトとしては、こちらのバイナリーオプション初心者サイトをお勧めしますので、見てみてください。

最後に念を押しておきますが、バイナリーオプションは利益の20%を納税する必要がありますので、ちゃんと納税しましょうね。

納税しないと「脱税」ということで、犯罪になりますので注意してください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ